国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ 天然成分で食品「長持ち」=柿添紘光

    コーティング剤が使用された果物が並ぶ 筆者撮影
    コーティング剤が使用された果物が並ぶ 筆者撮影

     ドイツで全国展開しているスーパーマーケットが新たな試みを始めた。それが、アボカド由来の天然成分「クチン」を利用したコーティング剤の使用だ。同剤を果物などに噴霧することで、食品の保存期間が延びるという。

     開発したのは、米アピール・サイエンシズ。クチンは皮のある果物や野菜に含まれている成分で、普段は水の中に溶けているが一度乾燥すると水を弾く性格が強くなり、強固なバリアーを形成する。この性質に着目して開発…

    残り303文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事