経済・企業いま学ぶ!渋沢資本主義

株式会社を作っただけじゃない 経営者教育、危機管理で手腕=島田昌和

    詳しくはこちら

     取締役会のメンバーのうち、社内専任者は2人のみで、あとは社外取締役。取締役ではない執行責任者がもう1人控えている──。ずいぶんと独立性・透明性が高く、ガバナンス(統治)の進んだ現代企業のことかと思われただろう。実は渋沢栄一が関わった明治期の会社の基本はこのような様子であった。

     取締役のうち、社内専任者は社長と専務取締役だけで、あとの取締役は大株主が中心であり、彼らは多数の会社の役員を兼任している。もう一人の執行責任者は現代の執行役員ではなく、支配人と呼ばれた現場の総責任者であった。

     いま多くの人が思い描くように、内部昇進したメンバーだけで取締役会が構成されるようになっていったのは昭和期に入ってからであり、それが当たり前になったのは戦後のことなのである。

    残り3254文字(全文3593文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事