国際・政治話題の記事

WTO新事務局長 初のアフリカ出身・女性 医療物資の障壁排除へ=浅野貴昭

    まずは、医療物資対策で加盟国間の信頼を醸成 (Bloomberg)
    まずは、医療物資対策で加盟国間の信頼を醸成 (Bloomberg)

     世界貿易機関(WTO)の事務局長に3月1日、ナイジェリア出身のヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相が就任する。世界銀行でエコノミストとしてキャリアを積み、副総裁や専務理事を歴任。ナイジェリアでは財務相を2度務め、外相経験もある。アフリカ出身者、米国籍保持者、そして女性として初めてWTOを率いる。任期は25年8月末まで。

     20年8月末に前事務局長が任期を1年残して退任したため、後任選びが始まり、10月にはオコンジョイウェアラ氏を選出することで加盟国間の意見はほぼ一致していた。

    残り758文字(全文998文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事