経済・企業注目の特集

10~12月期GDP 2期連続プラスも低迷リスク 次の1~3月期はマイナスへ=小林真一郎

“コロナ第3波”の中、国内経済は予想を上回る高さの成長を見せた。内閣府が2月15日発表した2020年10~12月期の実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)は、前期比3%増、年率換算で12・7%増と2四半期連続でプラス成長となった。

 プラス成長が続いた原因は(1)輸出が好調であること、(2)感染拡大一服と「GoToキャンペーン」などの政策効果を背景に、11月まで個人消費が堅調に推移したこと、(3)緊急事態宣言の解除を受けて企業の設備投資が底入れしたこと──などである。事前の市場予測を上回る高い伸びであり、素直に評価すれば「景気は着実に回復している」となる。

 もっとも、こうした経済活動の活発化が、コロナの感染拡大防止と経済活動再開のバランスを崩壊させ、昨年12月からの感染拡大の第3波、年明けの緊急事態宣言の再発令につながったと考えられる。そうであれば、目先の景気拡大を優先したことで、かえってその後の景気を悪化させてしまったということであり、今回ばかりは、高い成長を達成したからといって、手放しで評価するわけにはいかない。

残り709文字(全文1174文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事