国際・政治ワールドウオッチ

ロサンゼルス テスラ車の充電料金50倍超に=土方細秩子

EV普及には電気の安定供給が必須だ 筆者撮影
EV普及には電気の安定供給が必須だ 筆者撮影

 米電気自動車(EV)大手テスラのEVの充電費用に「異常事態」が発生している。1回当たり18ドルほどだった充電費用が900ドルに高騰したのだ。寒波による影響がその理由で、寒波に見舞われ30年ぶりの低気温を記録したテキサス州でオークション形式の電気料金が大幅に値上がりし、影響が充電ステーションの価格にも反映された。

 今回発生した電気料金の急騰により、気候の影響で電力価格が大きく上下してしまうというリスクが改めて浮き彫りになった。これは、脱炭素社会の実現に向けてEVの普及拡大を目指すバイデン政権にとって、マイナス要素となる可能性がある。

残り220文字(全文489文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事