経済・企業海外企業を買う

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ ありのままを肯定する米アパレル=岩田太郎/328

米サンフランシスコのアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ店舗 Bloomberg
米サンフランシスコのアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ店舗 Bloomberg

 ◆American Eagle Outfitters

 アメリカン・イーグル・アウトフィッターズは、若年層の間で圧倒的な人気と支持を誇る米アパレル企業である。1977年の創業で、豊かな自己表現で個性を引き立たせることをテーマにしたカジュアルファッションだ。年齢層は10~20代を中心とし、特に女性の人気を得て成功した。下着ブランドやジーンズなどに優位性を持ち、株価も好調だ。

 2019年1月期までの過去5年間のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズの成長の主因は、14年に立ち上げたボディー・ポジティブ(外見や体型の多様性を肯定的に評価する)志向の下着ブランド「エアリー」だ。競合の米ファッション小売企業のエル・ブランズが販売するセクシーランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のように、やせ形体型をアピールするような商品とは一線を画している。「エアリー」は大…

残り2526文字(全文2913文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事