教養・歴史アートな時間

映画 騙し絵の牙 手の込んだ“どんでん返し”も 出版社舞台の知的エンタメ=野島孝一

     本来なら2020年夏に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の割を食い、公開が延びてしまった。『罪の声』に続く塩田武士の小説の映画化で、とても興味深く鑑賞した。大手出版社の内部の話だというので、ちまちました映画ではないかと思っていたが、とんでもない。出版界、書籍界全般にわたる知的、かつスリリングな内容で、夢中にさせられた。

     舞台は伝統と権威のある文芸誌「小説薫風」を柱とする東京の出版社・薫風社。オーナー社長の伊庭が倒れ、息子(中村倫也)が跡を継いで社長になるとみられたが、彼は辞令でアメリカに派遣された。社長に就任したのは社内実力者の東松(佐藤浩市)。そんな時、「小説薫風」の編集者、高野恵(松岡茉優(まゆ))は、ベテラン作家の二階堂(國村隼)に失礼を働いたとして、編集長の江波(木村佳乃)に閑職への配置換えを宣言される…

    残り808文字(全文1178文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事