教養・歴史アートな時間

舞台 子午線の祀り 「平家物語」を題材に天の視点から人間描く=濱田元子

    野村萬斎(中段左端)、成河(手前中央) 細野晋司撮影
    野村萬斎(中段左端)、成河(手前中央) 細野晋司撮影

    「見るべき程のことは見つ。今は自害せん」

     平家の栄枯盛衰を描く鎌倉時代の軍記物「平家物語」。源平の雌雄を決した壇ノ浦の合戦に敗れ、入水した平知盛の最期の言葉として描かれる。

     この「平家物語」に材を取り、天の視点から人間の葛藤を描く木下順二の傑作戯曲である。

     1979年の初演は、能・狂言や歌舞伎、現代演劇といったジャンルの枠を超えた俳優が結集。複数の俳優による「群読」という朗唱スタイルが随所にちりばめられ、豊潤な言葉の世界が観客を揺さぶってきた。

     何度も上演が重ねられてきた伝説の作品を2017年、新演出で上演したのが狂言師で世田谷パブリックシアター芸術監督の野村萬斎。99年からは知盛役を務めてきた。

    残り1001文字(全文1303文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事