国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 老舗レストランの心意気=津山恵子

コロナ禍で営業を続ける「カッツ・デリカテッセン」(Bloomberg)
コロナ禍で営業を続ける「カッツ・デリカテッセン」(Bloomberg)

 日本人観光客にも人気があるニューヨークのユダヤ料理レストラン「カッツ・デリカテッセン」は、新型コロナウイルス禍にも負けず、営業を続けている。今年、創業133年を迎える老舗だが、ほぼ11カ月に及んだ店内飲食の規制の間、オンラインを活用したデリバリーサービスの拡充や地元地域への無料の食事提供など精力的に取り組んでいる。

 経済ニュース専門局CNBCに出演したカッツの5代目オーナー、ジェイク・デル氏によると、デリバリーでは店で提供するメニューとなるべく近い状態で食べてもらえるよう、マヨネーズを小さな別容器に入れるといった工夫などを心がけているという。

残り222文字(全文497文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事