国際・政治ワールドウオッチ

英国 診療体制のもろさ露呈=竹鼻智

コロナ禍で九蔵問題があらわに (Bloomberg)
コロナ禍で九蔵問題があらわに (Bloomberg)

 英国における新型コロナウイルスの死者は2月末の時点で12万人を超え、世界で5番目に多い。英国には誰でも無料で医療サービスを受けられる医療機関ナショナル・ヘルス・サービス(NHS)があるが、通常は数週間単位の待ち時間がかかるうえにコロナ禍で診療体制が逼迫(ひっぱく)。構造的なもろさを露呈している。

 昨年はコロナ以外の死者数も例年を大きく上回っており、英メディアで報じられた27歳女性のケースはその典型だ。英中…

残り308文字(全文513文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事