教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

コロナ禍で娘が留学できなくなり、説得に困っています/73

 Q コロナ禍で娘が留学できなくなり、説得に困っています

 A 人は住む場所を愛し、健全な維持管理に尽力しながら生きる

 新型コロナウイルスによるパンデミック(大流行)のせいで、大学生の娘が交換留学に行けなくなってしまいました。グローバル社会なのに、どうして他の国に行けないのかと聞かれて答えに窮しています。(事務職・50代女性)

 グローバル化が進み、私たちはつい世界はみんなが共有しているものであるかのように錯覚していた感があります。ところが、パンデミックで急に国境が閉ざされ、他の国を自由に訪問できなくなってしまい戸惑っています。

残り1104文字(全文1369文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事