経済・企業話題の記事

GAFA規制 “対IT強硬派”起用 「独占は革新を阻害」=浜田健太郎

    ティム・ウー氏。父親は「台湾生まれの日本人」(著書『マスタースイッチ』から)だという (Bloomberg)
    ティム・ウー氏。父親は「台湾生まれの日本人」(著書『マスタースイッチ』から)だという (Bloomberg)

     米バイデン大統領が、グーグルなど米巨大IT企業に対する規制強化の姿勢を鮮明にしている。3月5日、バイデン氏は国家経済会議(NEC)のテクノロジー・競争政策担当の特別補佐官に米コロンビア大法科大学院のティム・ウー教授を起用すると発表。また、競争政策の執行機関である米連邦取引委員会(FTC)の委員に、同じくコロンビア大法科大学院のリナ・カーン准教授を指名する意向と米メディアが報じた。

     ウー氏とカーン氏はともに巨大企業の独占に批判的な論客として知られている。経済格差の是正に向け、法人増税やキャピタルゲイン(資本利益)増税を掲げるバイデン氏が、巨大IT企業のあり方に矛先を向けた格好だ。

    残り774文字(全文1067文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事