国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

半導体などの供給網巡り米中攻防 韓国・台湾企業の「争奪戦」激化=金子秀敏

    半導体の受託生産で世界最大手のTSMCを巡っても米中のつばぜり合いが続きそうだ(Bloomberg)
    半導体の受託生産で世界最大手のTSMCを巡っても米中のつばぜり合いが続きそうだ(Bloomberg)

     米国のバイデン政権発足後、米中トップが対面する首脳会議の日程が注目の的だ。

     中国の習近平国家主席は来年、共産党第20回大会を控え、安定した対外関係が必要だ。バイデン大統領は古い友人で、習氏は首脳会談による関係改善に期待していた。

     だが、バイデン政権は期待に反してトランプ政権の対中政策を継承するような政策を次々と打ち出し、中国をいらだたせている。

     王毅国務委員兼外相は3月7日、全国人民代表大会(全人代)会場で開かれた記者会見で、「米国は民主や人権の旗を掲げて世界でトラブルを起こすようなことをやめろ」など激しい口調で米国を非難した。「民主の旗」とは香港の民主化運動支援、「人権の旗」とは新疆のウイグル民族の人権擁護のことだろう。

    残り956文字(全文1272文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事