経済・企業海外企業を買う

ディア・アンド・カンパニー AI活用の世界最大手農機メーカー=清水憲人/331

     ◆Deere & Company

     ディア・アンド・カンパニー(ディア)は、トラクターなどの農業用機械を中心としたメーカー。創業者である鍛冶屋のジョン・ディアが、1837年に鉄製の犂(すき)を作り販売し始めたことが同社の起源であり、現在も「ジョン・ディア」のブランドで事業展開。「世界最大の農業用機械メーカー」として知られている。ディア・アンド・カンパニーという社名で法人化されたのは1868年のこと。

     メイン事業である農業用機械は成長分野である。世界人口は増え続けており、食料品への需要も増加の一途をたどっている。そうしたなか、発展途上国では農業の生産性向上を目的とした機械導入需要があり、先進国では就農者の減少や高齢化に伴う自動化へのニーズがある。また、他の多くの産業分野と同様、農業分野でも近年、ICT(情報通信技術)を活用したスマート化の取り組みが活発化しており、そこに新たなビジネスチャンスが…

    残り2488文字(全文2893文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事