経済・企業学者が斬る・視点争点

エビの質「見える化」で生産意欲向上=鈴木綾

    横並び価格が生む粗悪品

     食のグローバル化とともに、食品の国際標準や認証制度の整備が進んできた。こうした制度は、生産現場の自然環境や労働環境、食の安全管理などの取り組みを可視化することで、消費者に商品選択の判断材料を与えるとともに、生産者の意識の向上にもつながるというメリットがある。

     ただ、途上国の生産現場を訪れると、国際ルールが順守されていない状況を目にする。「持続的な生産活動」を実践する農家に与えられる「グローバルGAP」などの認証を受けているのは、比較的裕福な農家であることが多い。一体なぜなのか。

     筆者は国連工業開発機構などの共同研究に参加し、東南アジアのエビ養殖産業に関する調査を行ってきた。日本は世界でも屈指のエビ輸入国だ。台湾のエビ完全人工養殖技術の開発を日本の技術が下支えしたことや、高度成長期の日本のエビ需要が産業の発展をけん引したことは、村井吉敬氏の『エビと日本人』によって広く知られている。

    残り2327文字(全文2734文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事