テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

電子デバイスの今 発光材料開発が進む有機ELディスプレー=津村明宏/50

    UDCの有機EL燐光発光材料(UDC提供)
    UDCの有機EL燐光発光材料(UDC提供)

     テレビやスマートフォン(スマホ)用の画面として普及が進んできた有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)ディスプレー。これまでディスプレーの主役だった液晶と比べ、自発光であるためバックライトが不要で、薄く軽量にできることが特徴だ。米アップルが2020年に発売したスマホ「iPhone」新モデルすべてに有機ELを採用したことで、特にスマホでは今後、有機ELの搭載比率が上昇していくと予想されている。調査会社OMDIAの予測では、スマホの有機EL搭載率は20年の約26%から24年には約40%にまで高まる見通しだ。

     この有機ELディスプレーの性能を左右するのが、自発光を支える有機EL発光材料である。「有機EL」の名が示す通り、この発光材料とは「電気を流すと光を放つ有機化合物」であり、光の三原色を構成する赤色、緑色、青色の発光材料がディスプレーには必要である。この発光材料の発光効率、すなわち少ない電気で明るく光る材料が実現できれば、有機ELディスプレーを今よりさらに省エネ化することができるのだ。

    残り2896文字(全文3343文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事