週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     菅義偉内閣の支持率が下げ止まってきた。一方、野党第1党の立憲民主党の支持率はむしろ低下傾向にある。野党がだらしないからだろうか、「解散風」が急に吹いてきた。新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)が懸念され、自治体がワクチン接種に追われる時期に総選挙などできるわけがないが、くだらない観測気球を批判もせずに報じる政治部記者たち。政治家も記者も、国民のことなど考えていないのだ。

     一方、「菅降ろし」という話もくすぶっている。国民とのコミュニケーション能力が欠如し、選挙の顔には不向きなのは確かだ。菅政権で日本が世界の中でどんどん取り残されることもよくわかる。だが、「ポスト菅不在」という記事が出るように、岸田文雄氏も石破茂氏も失速。代わりがいない。野党政権も夢のまた夢という状況だ。

    残り493文字(全文836文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事