教養・歴史書評

挿絵で見る清末の職業 たくましく生きた民の姿=加藤徹

     100年前、北京を訪れた芥川龍之介は、どの名所旧跡より、人通りが多い公園を面白く感じた。「別に何事もあった訣(わけ)にはあらず、只(ただ)人を見るのが面白かりしだけなり」(『北京日記抄』)。茶屋で茶をすすり、目の前を行き交うさまざまな職業の老若男女の庶民を観察する。「浮世絵の中にいる心(ここ)ちありと思うべし」。

     相田洋著『中国生業(なりわい)図譜』(集広舎、3500円)を開くと、芥川の気分にひたれる。本書は清末、19世紀の上海で刊行された伝説的な大衆紙『点石斎画報』の挿絵の数々を紹介しつつ、当時の中国のさまざまな職業を分かりやすく面白く説明する。

    残り653文字(全文931文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事