資源・エネルギー資源高 襲来!

中国養豚が急拡大 日本の生産量の4倍増へ 「豚ホテル」で大規模飼育=高橋寛

    河北銘鋭農業開発が運営するスマート養豚場(中国河北省邯鄲市)(新華社=共同)
    河北銘鋭農業開発が運営するスマート養豚場(中国河北省邯鄲市)(新華社=共同)

     中国の養豚業が、2018年夏に発生したアフリカ豚熱(ASF)から回復して急拡大し、穀物価格の高騰を招いている。

     米農務省(USDA)によると、中国では18年末に4億2800万頭だった養豚頭数が、アフリカ豚熱によって20年末には3億4000万頭まで激減。21年末までにはこれを4億500万頭規模にまで取り戻すと予想されている。これにより、20年に3800万トンだった豚肉(枝肉)の生産は、21年には4350万トンまで約550万トン増える見込みという。

     550万トンといえば、日本の豚肉の生産量の4倍に相当する。これだけの量をどうやって増やすのか。中国では、これまで小さな零細農家が中心だった養豚産業を、大企業主導の大規模飼育に切り替えることで効率化を図ろうとしている。すでに山間部には近代的な設備を整えた巨大「豚ホテル」が建設され、多頭飼育が始まっている。

    残り648文字(全文1026文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事