マーケット・金融注目の特集

米アルケゴス 野村HDなど多額損失 規制緩い個人運用向け=編集部

多額の損失が明らかになった (Bloomberg)
多額の損失が明らかになった (Bloomberg)

 野村ホールディングス(HD)や三菱UFJ証券HD、スイスの金融大手クレディ・スイスは3月29~30日、米顧客との取引に絡み、多額の損失が生じる可能性があると相次いで発表した。いずれの金融機関も顧客名を明かしていないが、米運用会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとみられる。取引の内容や損失の全貌は分かっておらず、市場に疑心暗鬼が広がっている。

 現時点で見込まれる損失額は野村HDが約20億ドル(約2200億円)、三菱UFJ証券HDが約3億ドル(約330億円)という。クレディ・スイスは損失額の見込みを明らかにしてないが、30億~40億ドル(約3300億~4400億円)の可能性があると報じられている。ブルームバーグによれば、米JPモルガンはリポートで、アルケゴスに絡む金融機関の損失が50億~100億ドルにのぼる可能性があると指摘したという。

残り703文字(全文1077文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事