国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

香港の政治「1国2制度」終わるも日系企業は本土拡大方針変えず=岩下祐一

    経済への影響は今のところ限定的だ (Bloomberg)
    経済への影響は今のところ限定的だ (Bloomberg)

     香港の政治の「1国2制度」が終焉(しゅうえん)したことで、日本では香港について悲観的な見方が大勢を占める。しかし経済は「1国2制度」が続いており、これまで同様のビジネスが展開できている。金融などの強みは、短中期的には維持されるとみられる。現地の日系繊維企業は現在も、華南エリアを中心とした中国本土での販売拡大など、従来から掲げる事業方針を変えていない。

     3月11日に閉幕した中国全国人民代表大会(全人代)では、香港の選挙制度の見直しが行われた。これにより香港の民主化への道は、事実上閉ざされた。これに対し、日本では香港への悲観論が溢(あふ)れた。政治の1国2制度が終わったことで、ビジネス環境まで激変したと錯覚を覚えるほどだった。

    残り1019文字(全文1335文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事