週刊エコノミスト Online闘論席

小林よしのりの闘論席

    撮影 川平愛
    撮影 川平愛

     男女格差を示す「ジェンダーギャップ指数」で日本は156カ国中120位だから、女性差別の国だとサヨク・フェミニストが騒ぎ、マスコミもそのプロパガンダに協力している。

     だが同指数には、男女格差を比較する方法が適切ではない項目が多い。例えば「健康寿命」の項では、日本は健康寿命70代、ジンバブエは50代だが、男女差で見ればジンバブエは女性の健康寿命が男性より3・6歳長く、日本の2・9歳を上回るから日本より上位となり、「健康」分野では男が早死にする最貧国が1位に並び、日本が65位になっている。

     一方、オランダの大学を拠点に社会科学者が行った世界価値観調査における、女性の幸福度から男性の幸福度を引いた「幸福度女性優位」ランキングでは、日本はフィンランドに次ぐ2位だ。女性の方が男性よりも幸福を感じているのが日本なのである。

    残り442文字(全文802文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事