教養・歴史書評

フーコー没後三十余年 「性の歴史」ついに完結=本村凌二

    「あなたは人間ですか、それとも男(あるいは女)ですか」と問われたとしよう。どちらを強く意識しているかとなると、私なら後者と答えるかもしれない。そうであれば、じつのところ、性愛を語ることはその社会の深層にふれることにもなる。

     20世紀の巨星ミシェル・フーコーもその問題群にぶつかり、『性の歴史』全4巻(新潮社、第Ⅰ巻3080円、第Ⅱ巻・第Ⅲ巻各3850円、第Ⅳ巻4730円)を書きあげた。

     第Ⅰ巻『知への意志』では、性の真実を知ろうとすることがなぜ西洋近代でおこったのかが問われた。そこには性の抑圧・禁止よりも、性を言説化しようとする社会全体の要求が潜んでいたという。だが、この原著が1976年に出版されながら、企画は大きく変更されてしまう。

    残り580文字(全文900文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事