週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

コロナのストレス緩和 「身内を褒める文化」=小林知代

    コロナ時代のコミュニケーション Bloomberg
    コロナ時代のコミュニケーション Bloomberg

     新型コロナウイルスが米国でパンデミック(感染爆発)を引き起こしてから1年余り。この間、旅行もままならず、友人との会食も制限されるなど、あらゆる行動が制限され、ストレスがたまる中で、筆者の心を温めてくれたのは、米国人の「身内を褒める」姿勢であった。

     弁護士を目指し、今年、ロースクールに入学するパトリック君は、筆者の経営するコンサルタント会社でリサーチャーを務めて以来の縁だ。最近の雑談で、「僕が世界で最も尊敬しているのは父なんだ」と話していた。父親はマーケティングに携わるクリエーターで、個人で会社を営んでいる。その父親のことを、思慮深く、常に冷静で、自分に厳しく、他人には寛大だという。このため、進路に迷った時は父親にアドバイスを求めるという。「父には感謝している。彼に大きな影響を受けた」と素直に他人に話す姿に、父親への真の尊敬心を感じた。

     訪米直後は、米国の「褒める文化」に新鮮な驚きを覚えたものだ。留学中の1980年代、大学のカフェテリアで男子学生が友人に「僕のガールフレンドはダイナマイトなんだ」と自慢していた場面は忘れられない。「ダイナマイト」とは、容姿、人格全てが彼にとって魅力的であることを意味していることは、口語表現がおぼつかない当時の筆者でも何となく伝わってきた。

    残り746文字(全文1289文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事