国際・政治ワシントンDC

議員に相次ぐ脅迫・襲撃 自己警護費に予算措置=峰尾洋一

一般市民は4億丁もの銃を持つ…… (Bloomberg)
一般市民は4億丁もの銃を持つ…… (Bloomberg)

 米国の議員の間で、自宅のセキュリティー強化や防弾チョッキなどの個人防護具の購入のため、選挙資金・運営資金を使用できるかどうか確認する動きが広がっている。これは連邦議会のみならず、昨年10月に知事の誘拐未遂事件のあったミシガン州など各地の州議会にも及ぶ。今年1月下旬に連邦議会下院に提出された書簡によれば、2016年には902件だった議員宛ての脅迫は18年には4894件に達し、その後も増加傾向にあるとしている。

 実際に議員に危害が加えられるケースは過去、幾度も発生している。17年にはスカリス下院議員が両党対抗野球試合の練習中に銃撃を受け重傷を負う事件のほか、ポール上院議員が隣人に襲われて骨折する事件も起きた。11年にはギフォーズ下院議員を狙った襲撃事件で、議員のスタッフら6人が死亡し、議員本人も頭を撃たれて議員辞職に追い込まれるという悲劇が発生している。

残り928文字(全文1309文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事