国際・政治ワシントンDC

「働く人」の輸送に特化 全米2位の首都地下鉄網=溝口健一郎

    ハリー・ウィーズによるデザインの構内は著名建築賞も受賞 筆者撮影
    ハリー・ウィーズによるデザインの構内は著名建築賞も受賞 筆者撮影

     全米2位の規模を誇る地下鉄・ワシントンメトロの主要駅はコンクリート打ちっぱなしの壁面が独特の曲線を描く、SF映画のような景観だ。駅は、地中のかなり深くに設置されており、「核戦争時のシェルターにするためだ」との根拠無きうわさ話が絶えないが、単に地面に近い不安定な地層を避けるためであった。

     筆者も新型コロナウイルス感染拡大によってリモートワークに移行する前は、通勤に地下鉄を利用していた。ラッシュ時には、肩が触れ合うほどには混み合う。郊外のベセスダから20分ほどでワシントンDC中心に到着し、長いエスカレーターで地上にたどり着くと、路上のサックス奏者が迎えてくれるのが朝の光景だった。

     コロナ後は利用者が激減した。ワシントンメトロの1日当たりの平均利用者数は、2019年は62・6万人だったが、20年は17・7万人と70%以上下落した。財政は悪化し、ワシントン首都圏交通局は従業員の解雇や、20以上の駅の閉鎖などを検討していた。しかし、バイデン政権による州政府向けのコロナ救済支援策のおかげで、辛うじて回避できた。

    残り865文字(全文1322文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事