週刊エコノミスト Online論壇・論調

2・3兆ドルのインフラ支出 「ニューディールの再現」に期待=岩田太郎

    バイデン米大統領。戦前・戦中のルーズベルト大統領になぞらえる論調も(ホワイトハウスで) Bloomberg
    バイデン米大統領。戦前・戦中のルーズベルト大統領になぞらえる論調も(ホワイトハウスで) Bloomberg

     バイデン米大統領は、就任後100日の短期間で、1兆9000億ドル(約200兆円)規模の新型コロナウイルス追加経済対策法を成立させ、この先8年間で総額2兆3000億ドル(約250兆円)を投じる巨額インフラ計画を中核とする「米国雇用計画」を打ち出した。経済構造の転換を促した戦前・戦中のルーズベルト大統領のニューディール政策をほうふつとさせるため、「バイデン氏はルーズベルトの再来か」と米論壇で話題になっている。

     米大統領史を研究する歴史家のマイケル・ベシュロス氏は3月24日付のニュースサイト「アクシオス」で、「バイデン大統領の政策は、1933年に米国を恐慌と混乱から救ったルーズベルトのニューディールを想起させ、60年代の米国に変革を起こしたジョンソン大統領の『偉大な社会政策』とも共通点がある」と指摘。こうした類似性について、『ニューヨーク・タイムズ』紙のホワイトハウス特派員であるピーター・ベイカー記者は…

    残り965文字(全文1370文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事