国際・政治論壇・論調

ワクチン接種めぐり混乱 メルケル独首相が異例の謝罪=熊谷徹

    ドイツ・メルケル首相(2021年3月、ベルリンのドイツ連邦議会で) (Bloomberg)
    ドイツ・メルケル首相(2021年3月、ベルリンのドイツ連邦議会で) (Bloomberg)

     ドイツではコロナワクチン接種の遅れや対策の頻繁な変更により国民の不満が強まり、与党への支持率が去年に比べて約12ポイントも減少した。今年9月の連邦議会選挙にも影響を与えると予想されている。

     ドイツの日刊紙『南ドイツ新聞』の4月5日付電子版によると、同日の時点でドイツ市民100人につき接種されたワクチンの本数は17本で、イスラエル(116本)、英国(54本)、米国(49本)などに水をあけられている。

     遅れの理由は、ドイツがワクチン調達交渉を一任した欧州連合(EU)の製薬会社との契約書に不備があり、優先的な供給を受けられなかったこと、メルケル政権が年齢や基礎疾患に基づく接種の優先順位を厳格に守ろうとしたため、柔軟な投与ができなかったこと、政府が3カ月にわたりホームドクター(かかりつけの医師)による市民への予防接種を許可しなかったことが挙げられる。

    残り1025文字(全文1402文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事