テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

ディスプレーを高機能化 進化するドライバーIC=津村明宏/51 

     液晶や有機EL(エレクトロルミネッセンス)といったディスプレーは「映像を表示する装置」であり、これを正しく動作させるために不可欠なのがディスプレー駆動ICだ。一般的に「ドライバーIC」と呼ばれ、マッチ棒のような細長い形状をしているのが特徴で、ディスプレーを正確に駆動させるため、ディスプレーに最も近い場所に実装される。実装の形態には、ディスプレー回路を形成したガラス基板上にICを接続するCOG(Chip on Glass)や、ディスプレーに接続されたフィルム回路基板に配置するCOF(Chip on Film)などがある(図1)。

     このドライバーICがあることによって、ディスプレーの回路設計が複雑化・大規模化するのを抑制する、つまりディスプレー自体を高精細化したり、省エネ化したりしやすくなるほか、過熱や過電流からディスプレーを守る役割も果たす。ディスプレーにタッチパネルが搭載されることが当たり前になった近年では、ドライバーICとタッチパネルのコントローラーICの機能を一つのチップに統合・集積化したTDDI(Touch Di…

    残り3080文字(全文3547文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事