テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

需要が伸びるリチウムイオン電池で日本が失速の懸念=津村明宏

    電子デバイスの今/52 世界規模で競争が激化するリチウムイオン電池=津村明宏

     リチウムイオン電池(LiB)は、パソコンやスマートフォンをはじめとするさまざまな電源に使われ、いまや私たちの生活に欠かせないエネルギー貯蔵デバイスである。2019年に旭化成・名誉フェローの吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞したことも記憶に新しく、今後は電動化に伴って自動車向けの需要がさらに伸びていくと予想されている。

     調査会社の富士経済は、車載用LiBの市場規模は24年に19年比2・6倍の6兆7403億円に拡大すると想定。また、矢野経済研究所では、容量ベースで20年の167・5ギガワット時が25年に422・9ギガワット時、30年には764・4ギガワット時に達すると予測するなど、当面は右肩上がりが続く見通しとなっている(図)。

    残り3094文字(全文3447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事