テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

半導体需要急増で、製造装置メーカーの売り上げは史上最大規模に拡大=津村明宏

製造装置が並んだ半導体工場の内部 (Bloomberg)
製造装置が並んだ半導体工場の内部 (Bloomberg)

最大規模に拡大する半導体製造装置市場=津村明宏

 世界的な半導体の供給不足と需要拡大に伴い、半導体メーカーが積極的な設備投資を繰り広げている。世界最大手の半導体ファウンドリー(受託製造会社)である台湾TSMCは、2021年の設備投資額として300億ドル(約3・3兆円)を計画し、今後3年間で総額1000億ドルを投資することも表明している。売上高で世界首位の米インテルは、先端ロジックの生産拡大と製造プロセスの微細化に向けて21年の設備投資額を200億ドルへ増額。メモリー首位の韓国サムスン電子は設備投資計画の詳細を明らかにしていないが、20年実績の32・9兆ウォン(約3兆円)と同等またはそれ以上の金額を投資すると目されている。

 これに伴い、半導体製造装置の需要も急激に拡大している。製造装置・材料メーカーの業界団体SEMIの予測によると、21年の半導体製造装置の世界市場は前年比34%増の953億ドルとなり、20年に続いて2年連続で過去最高を更新する見込みだ。さらに、22年も同6%増と成長が継続し、史上初めて1000億ドルの大台を突破すると予測している。

残り3077文字(全文3555文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事