テクノロジーAI図解 日本の未来

第22回 自動車販売コロナ前への回復遠のく=ゼノデータ・ラボ

    コロナ禍以前の水準まではまだ遠い…… (Bloomberg)
    コロナ禍以前の水準まではまだ遠い…… (Bloomberg)

     政府機関など経済統計は、調査・アンケートを基に集計するが、統計に関連する報道を集め、当社の人工知能(AI)を駆使して解析すると、統計発表の数カ月前でも一定の精度で結果を予測できることが明らかになった。精度は統計ごとに幅もあるが、関連ニュースが多いほど予測値と結果が近似する傾向がある。

     今回は、指標予測システム「ゼノインデックス」を使って、自動車販売の重要統計を先読みした。対象は日本自動車工業会が毎月月初に発表する「国内自動車販売台数」の2021年4月以降分だ。

     自動車は、日本経済全体に影響を及ぼす。年度末である3月の販売は50万台の大台を超えたが、ゼノインデックスは、4月は24万4580台と大きく減少、5月以降も26万~27万台が続くと予測した。

    残り360文字(全文688文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事