週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第142話 積極財政=板谷敏彦

    (前号まで)

     欧州大戦の戦勝国としてドイツ利権を要求する日本。国内では鉄道誘致を公約に勢力を伸ばした政友会・原内閣が、国際標準軌への改軌を求める産業界を抑え地方路線の敷設にまい進する。

     日本にとって国家存続に関わる重大な懸案だった正貨(外貨)問題も欧州大戦による輸出ブームで解消することになった。寺内正毅内閣では西原借款によって中華民国の段祺瑞(だんきずい)政権へ資金を貸し出すほどだった。

     大正4(1915)年から同8年までの戦争中と終戦の翌年までに日本が貿易で稼ぎ出した黒字額は約13億3000万円だった。

    残り2116文字(全文2371文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事