国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

総資産額は2200兆円 存在感が高まる中国の富裕層=岸田英明

    株価や住宅価格の上昇で中国の富裕層は増加傾向にある (Bloomberg)
    株価や住宅価格の上昇で中国の富裕層は増加傾向にある (Bloomberg)

     中国の富裕層の不動産を含む総資産額は約130兆元(約2200兆円)で、2020年の国内総生産(GDP)の1・3倍に相当する──。富裕層研究で知られる中国のシンクタンク、胡潤研究院がこのほど最新の調査結果を発表した。

     19年末時点の総資産600万元(約1億円)超の富裕世帯は前年比1・7%増の399万世帯、金融資産だけでこのラインを超えたのは144万世帯だった。これに同年の中国の平均世帯人数(2・92人)を掛け合わせると、富裕層人口は総資産ベースで1165万人、純金融資産ベースで420万人と試算される。富裕層の純金融資産総額は、総資産の約5割が不動産だと仮定すると(中国人の総資産に占める不動産比率は「全家庭平均で約7割」という他機関の試算がある)、これを差し引いた65兆元(約1100兆円)ということになる。

     なお日本に関して、19年の野村総合研究所の調査と同年の平均世帯人数(2・39人)から試算すると、純金融資産1億円超の富裕層人口は317万人、資産総額は333兆円である。単純比較はできないが、中国の純金融資産ベースでの富裕層人口は総人口比ではわずか0・3%と日本(2・5%)と比べて小さいが、1人当たり資産額は日本の2・5倍以上多い。

    残り801文字(全文1325文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事