マーケット・金融注目の特集

商社激変 4位に転落した三菱商事 今期も伊藤忠が首位に=金山隆一

    三菱商事の垣内威彦社長
    三菱商事の垣内威彦社長

     大手商社7社の2021年3月期決算は、前年度首位の三菱商事が原料炭の市況悪化などで連結純利益が1726億円となり、商社4位に転落した。今期もなお3位にとどまる。コロナ禍で各商社とも業績を悪化させたが、伊藤忠商事は期初予想の4000億円を達成、三井物産と丸紅も鉄鉱石の市況高騰で通期予想を大幅に上回り、三菱商事を大きく引き離した。

     三菱商事の業績悪化は、外交関係の対立で中国が豪州産石炭の輸入を制限したために市況が急落した原料炭の業績悪化が大きかった。原料炭が柱の金属資源グループの利益は前期の2123億円から781億円に減少。子会社ローソンの減損836億円も大きく響いた。各部門の業績も、石油・化学を除く9部門が前年度から減益となった。

    残り816文字(全文1135文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事