テクノロジーAI図解 日本の未来

食品・IT企業が恩恵を受ける「未病対策」とは何か=ゼノデータ・ラボ

    第25回 未病対策で健康食品・発症予測に追い風=ゼノデータ・ラボ

     ヘルスケアの領域で、“未病”という新しい概念が注目されている。未病とは、自覚症状はないが検査で異常が見つかっている、もしくは自覚症状はあるが検査では異常が見つかっていない状態のことである。未病のうちに心身の異常を見つける「未病対策」は、健康管理上で重要な役割を持つようになってきた。

     今回は「未病対策」をテーマに、AI(人工知能)業績予測システム「ゼノブレイン」で、プラス影響を受ける企業を分析、その中でも食品・IT、二つの分野で大きく恩恵が出るという結果になった。

    残り516文字(全文782文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事