教養・歴史書評

戦前の飛行士を追体験 圧倒的スケールで描く中国舞台の冒険活劇

    1936年の中国が舞台 大陸の大空を舞う活劇=加藤徹

     新野剛志『空の王』(中央公論新社、2310円)は、1936年の中国を舞台とする航空冒険活劇だ。

     主人公の鷲尾順之介は、新聞社専属の飛行士。まだ写真の電送技術がなかった当時、日本の各新聞社は飛行機でニュース写真を運んだ。GPS(全地球測位システム)もないプロペラ機の時代、速さは飛行士の腕の見せ所だった。

     空の男・鷲尾は、満州国の奉天のナイトクラブで、謎の美女・宋麗琳と出会う。その時から鷲尾の運命は変わる。鷲尾は、関東軍の将校から、重さ30キロ程度の「荷物」を運ぶ密命を受ける。荷物の中身も目的も秘密。広大な中国大陸を飛んだ鷲尾は、着陸先で麗琳と再会。彼女の正体はモンゴルの旧王族だった。麗琳の悲願は、ソ連と中国に分割されたモンゴル民族の独立を回復すること。鷲尾が運ぶ「荷物」の正体は、モンゴル独立の切…

    残り556文字(全文934文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事