教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

民主主義の危機を哲学で克服するには?=小川仁志

    コロナの抑え込みに強権発動を望む声も。民主主義の危機と思うのですが/85

     Q コロナの抑え込みに強権発動を望む声も。民主主義の危機と思うのですが

     A 非常事態=例外状態での主権者の決定の恒久化を危惧する感覚を持とう

     コロナ対策で、一党独裁国家の中国が抑え込みに成功し、非常時には強権発動可能な体制を望む声もあります。でも、権力者に全権を与えると平時に戻った時、元に戻せるのか。民主主義は機能不全に陥ってしまうのではと心配です。(証券会社勤務・50代男性)

     新型コロナウイルスの感染拡大が報じられた初期、いち早く民主主義の危機に警鐘を鳴らしたのが、イタリアの哲学者ジョルジョ・アガンベンでした。彼はかねて主張していた「例外状態」という概念をこの事態に当てはめ、ロックダウン(都市封鎖)などの強権発動が例外ではなく、恒久的になる危険性を指摘しました。

    残り1074文字(全文1447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事