週刊エコノミスト Online闘論席

コロナに怯え、五輪中止を訴える愚論を憂う=小林よしのり

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

小林よしのりの闘論席

 いよいよ東京五輪開幕まで1カ月を切ったが、それでもまだ「パンデミックの中での開催などとんでもない」とか、「感染爆発が起これば、開幕後でも中止になることもありうる」とか、「8月にはまた緊急事態宣言だ」とか騒いでいる者がいる。

 しかし現在の新型コロナの状況が、本当に五輪を中止しなければならないほどのものだろうか?

 1998年2月の長野冬季五輪の開幕時は、インフルエンザが大流行していた。インフルエンザの流行は通常、年末から年明けのあたりにピークを迎えるが、この年は暖冬だったため流行のピークが2月にずれこみ、まさに長野五輪の開会式が開かれた2月7日を含む第5週が最多となり、厚生省(当時)の発表ではこの1週間だけで全国で49万6600人の患者が発生している。この週までに休校などの措置を取った学校は全国で8233…

残り413文字(全文779文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事