【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

新鮮味乏しい菅政権の成長戦略 口が裂けても言えない「目標は韓国」=古賀茂明

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

古賀茂明の闘論席

 政府は6月18日、「成長戦略実行計画」を閣議決定した。だが、内容は新味に乏しく、具体論は、各省庁の予算要求の根拠にするための作文でしかなかった。

 成長戦略の発表があるたびに、私は2013年6月14日に発表された「日本再興戦略─JAPAN is BACK─」を思い出す。12年12月の首相就任以来、安倍晋三氏は、「ジャパン・イズ・バック!」「バイ・マイ・アベノミクス!」と胸を張り、大改革断行を約束していた。しかし、日本再興戦略の「改革」は小粒で、市場は失望。安倍氏の記者会見の途中で株が暴落した。それ以来、安倍首相の成長戦略に期待する者はいなくなった。

 今回は、菅義偉政権最初の成長戦略だが、市場の注目度は低かった。悲しいことだが、これは幸運なことだ。期待されない分、落胆が小さく、市場への影響も出ないからだ。

残り470文字(全文834文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事