教養・歴史闘論席

近代五輪の精神は賞味期限切れだ=片山杜秀

    撮影 大西岳彦
    撮影 大西岳彦

    片山杜秀の闘論席

     五輪は平和の祭典という。近代五輪の祖、フランスのクーベルタン男爵は確かに、五輪は世界平和に貢献できると言った。なぜそう思ったのか。

     クーベルタンは英国かぶれだった。19世紀英国の高等教育の場ではスポーツが隆盛している。そこに目を奪われた。当時高等教育を受けているのは限られたエリート層。将来の政治家や法律家、高級官僚や大企業の幹部が、心身両面の均衡ある発展を目指し、特には団体競技に打ち込んでいる。協調心やフェアプレーの精神を養い、それが世界に冠たる大英帝国の強みに結び付いているようだ。

     他国もこのやり方を学ぶべし。そして国際試合の場を設け、各国のエリート予備軍を交流させ、友情を深めさせたらよい。彼らは各国の政財官界のリーダーになってゆくだろう。五輪は世界平和に貢献するではないか。クーベルタンの平和の話とはそういう即物的な意味なのだと思う。ジェントルマンたちの国境を超えた社交の場としての五輪である。

    残り373文字(全文785文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事