国際・政治学者が斬る・視点争点

男女賃金格差 原因は育児分担にあり テレワークは格差一掃のチャンス=酒井正

女性の労働時間は伸びるのか? (Bloomberg)
女性の労働時間は伸びるのか? (Bloomberg)

テレワークで男女格差解消を=酒井正

賃金の差は育児分担に原因

 この3月に世界経済フォーラムから発表された各国のジェンダーギャップに関する報告書において、日本は156カ国中120位だった。かねてより男女間の格差の大きいことが指摘されてきた我が国であるが、特に、政治分野や経済分野で女性の進出が遅れているとされる。実際、女性の平均所定内給与は男性よりも25%ほど低い。ただ、1980年代には男性よりも40%も低かったことを考えれば、ゆっくりではあるがその差は縮まっているとも言える。

残り2689文字(全文2927文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事