資源・エネルギー学者が斬る・視点争点

日本の再エネ固定価格買い取り制度でオークションのメリットを生かすには=芹沢成弘

    再生可能エネルギーは日本に欠かせない
    再生可能エネルギーは日本に欠かせない

    固定買い取り制度でオークション=芹澤成弘

    発電費用を最小化する事業者選定

     再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」は太陽光や風力、バイオマスなどによって発電された電力を、一定期間固定された価格で買い取ることを保証する制度である。発電事業者に一定期間の売り上げを保証することによって、再生可能エネルギー導入のインセンティブ(誘因)になり、 各国で広く使われている。

     しかし、買い取り価格をいくらにするかが問題になる。買い取り価格が安すぎれば、十分なインセンティブにならず、再生可能エネルギー導入が進まない。かといって、高すぎれば一般消費者(または政府)にとって、買い取り期間中、大きな負担になってしまう。

    残り2043文字(全文2345文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事