経済・企業学者が斬る・視点争点

現場と本社の「距離が近いほどいい」は思い込み=岩尾俊兵

    現場と本社の最適な「距離感」=岩尾俊兵

    「距離が近いほどいい」は思い込み

     新型コロナウイルスの影響で、私たちの働く環境は激変した。仕事の遂行に出社が必須でない職種では、リモートワークが常態化している。一方で、製造業や医療機関など必ず仕事の「現場」がある業種の場合は、リモートワークができない場合もある。また、デスクワークがメインの職種でも、リモートよりはオフィスに集まった方が効率が上がるため、仮にコロナが終息したら現場での仕事が増えるだろう。

     そうした仕事の現場が、司令塔である「本社」と物理的に距離が離れている場合がある。実は、この距離に起因する問題が、案外、軽視されている。例えば、遠い場所にある本社の人々が現場のことを理解していない、あるいは現場が本社の意向を受け入れない、といった悩みは多様な業種で観察される。

    残り2347文字(全文2706文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事