教養・歴史書評

実は日々の生活でできる 気づかせてくれた絵本=美村里江

    ×月×日

     コロナ禍に陥ってから、「欲」を持つことが少しつらくなった気がする。あれがやりたい、あそこへ行きたいと一瞬高揚してても、すぐに「いや、今は避けるべきだ」と自ら却下し、小さくため息を吐く日々。

     地球規模のそういう時期、と納得していたが、本書を読み意識が変わった。『海のアトリエ』(堀川理万子著、偕成社、1540円)。学校へ行けなくなった女の子が、母親の友人の絵描きさんに誘われ、海辺のアトリエで共に過ごす1週間。

     ずっと絵を描く。名前のないオリジナルの料理を作り、夕食後は本の時間。朝は自由な体操をし、朝食後は海へ行って風に吹かれ波を眺める。また絵を描く。近所の美術館で鑑賞。お互いの肖像画を描く……。

    残り963文字(全文1267文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事