週刊エコノミスト Online闘論席

犠牲者を出してまでやらねばならぬ大会などあるのか 忘れられた福田の言葉=片山杜秀

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

片山杜秀の闘論席

「人の命は地球より重い」。福田赳夫首相(当時)の名言である。1977年、パリ発東京行きの日本航空の旅客機が日本赤軍に乗っ取られた。要求の肝は、日本で捕らえられている同志9人の解放。法治国家としてはありえない。でも、日本政府が応じなければ、乗客・乗員を順次殺害するという。

 はて、どうする?「テロに屈するな」と叫んでも後の祭り。乗っ取りを防げなかった段階で、既に負けている。いまさら合法性や国家の意気地にこだわっても傷口を広げるだけだ。要求を突っぱねればゲリラは投降するのではないかなどと希望的観測をしても始まらない。

 そんなとき民主政治は、国民のたった一人の命でさえ、賭け金にして危険にさらすべきではないのだ。そこで名言が生まれた。福田首相は意地も体裁もかなぐり捨て、超法規的措置を大胆に決断した。指名された9人のうち、釈放されるのを拒否した3人を除く、6人を解放した。人質は全員助かった。

残り385文字(全文788文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事