投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

建物は「水」に弱い=長嶋修

    ➀築8年の木造住宅でも雨漏り 筆者提供
    ➀築8年の木造住宅でも雨漏り 筆者提供

    建物は「水」に弱い/103

     台風や線状降水帯などの豪雨に見舞われた際に、わが家は安全・安心か。これには土地の高さや都市の排水能力などさまざまな観点がある。今回は主に建物について台風シーズンが来る前に確認しておきたいポイントを、さくら事務所のホームインスペクション(住宅診断)の実例から紹介しよう。

     築8年の木造住宅で、立地も外観もすてきな建物だが過去に雨漏りがあった。雨漏りがする部分は、雨水が入らないようにすき間に充填(じゅうてん)するシーリング材でふさいでおり現在は問題ないが、このゴム材が劣化したり、すき間が空いたりすれば、また雨漏りすることになる(写真(1))。この材料の平均的な寿命は7~10年程度とされているものの、定期的に目視で点検をしておく必要はあるだろう。劣化しなくても、いつの間にかすき間が空いているこ…

    残り542文字(全文903文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事