資源・エネルギーエコノミストリポート

脱炭素で日米EUは石油から撤退、中国は積極拡大で石油の主導権=庄司太郎

    中国は世界の石油・天然ガス資源獲得に動いている(地中海の海上製油掘削施設) (Bloomberg)
    中国は世界の石油・天然ガス資源獲得に動いている(地中海の海上製油掘削施設) (Bloomberg)

    原油・天然ガスの主導権 「脱炭素」で中国が石油独占か 日本はエネルギー危機の懸念も=庄司太郎

     脱炭素の流れを背景に、日本や米国、欧州連合(EU)の石油・天然ガス開発企業に逆風が吹いている。5月26日にオランダの地方裁判所が、石油メジャーの一角、ロイヤル・ダッチ・シェル(英蘭)に対して、二酸化炭素(CO2)排出量を2030年までに19年比で45%削減すべしとの判決を下したほか、同日開催されたエクソン・モービルの株主総会では、株主提案で環境派の取締役2人が選任されている。

     特に世界のエネルギー業界関係者を驚かせたのが、国際エネルギー機関(IEA)が5月18日に示した、50年までに世界の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「行程表」だ。行程表には、「化石燃料への新規投資を即時停止」「35年までにガソリン車の新車販売停止」などが盛り込まれており、化石燃料への新規投資の停止は、石油・天然ガス開発事業の息の根を止めるに等しい、との見方が業界関係者の間で出ている。

     IEAは、1974年に西側先進国が石油輸出国機構(OPEC)に対抗するために設立した組織で、これまで“エネルギー業界の守り神”といわれてきた。

    新セブンシスターズ

    拡大はこちら

     エクソンなど石油メジャーや西側先進国の石油・天然ガス開発企業に逆風が吹いている。

     その一方で中国やロシア、OPECの巨大国営石油・天然ガス企業は、こうした脱炭素の動きに縛られることなく、自国や世界各地で資源権益獲得や開発・生産を続けている。そして、今後も石油・天然ガス分野への新規投資を続けていく方針だ。これらの石油企業は、“新セブンシスターズ”と呼ばれるほど実力を付けてきている(表1)。

    “セブンシスターズ”とは、かつて存在した七つの国際的石油企業で、現在のエクソンなど「スーパーメジャー」の源流となったが、いま急速に実力を付けてきているのが新興国の7社なのである。

     特に中国は、中国石油天然気集団公司(CNPC)、中国石油化工集団公司(SINOPEC)、中国海洋石油集団有限公司(CNOOC)などの巨大国営企業が、世界各地の石油・天然ガス資源を次々と獲得している。

     これら中国やロシア、OPECの巨大国営企業は、油田や天然ガス田の開発といった上流部門だけでなく、製油所からガソリンスタンドまでの下流部門、さらには、石油化学事業まで幅広く展開しており、その国の重要なエネルギー・産業インフラを構成している。

     このほか、国内に石油・天然ガス資源を持つ途上国も、石油・天然ガス販売が国家収入に直結するだけに、脱炭素の動きにかかわらず、今後も開発・生産を自ら止めることはないだろう。

     IEAやOPECなど、いくつかの国際的な機関は、今後の石油・天然ガス開発および輸出の主役が、これまでの“西側”の民主主義国から、専制国家が多いOPECやロシア、その他途上国に移行していくと予測している。ただし、豪州と米国は天然ガスの輸出余力が大きいため、天然ガスでは、今後も主要輸出国の地位を維持し続けると予測されている。

     中国は自国内での石油・天然ガス消費量が莫大(ばくだい)なため…

    残り1606文字(全文2906文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事