資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

日本で豊富に採れる石灰石は、太古の海からの「贈り物」=鎌田浩毅

    日本で石灰石が採れるワケ 太古の海から豊かな「贈り物」/63

     石灰石は地学では「石灰岩」と呼ばれる岩石だが、陸上の1割を占めるほど大量に存在する。もともと海底で長い時間をかけて誕生した石灰岩は、何億年もかけて陸上に出た。この成り立ちを本連載第38回でも取り上げたプレート・テクトニクス理論で説明しよう。

     地球の表面はプレートと呼ばれる10枚ほどの厚い岩板で覆われている。このうち、海底山脈(「海嶺(かいれい)」と呼ばれる)から大量のマグマが湧き出し、海洋プレートとなって両側へ移動する(図)。海洋プレートは年間8センチほどのゆっくりとした速度で、大陸プレートの下へ沈み込む。

    残り1097文字(全文1384文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事