資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

登山シーズンに知っておきたい日本のアルプス 南アルプスが「ふっくら」している理由とは=鎌田浩毅

    南アルプスはふっくらした山容が特徴(八本歯のコル付近)
    南アルプスはふっくらした山容が特徴(八本歯のコル付近)

    日本のアルプス/1 ふっくら「南」はかつての海/64

     夏山シーズン真っ盛り。中でも、南アルプスと北アルプスは登山家の人気も高い日本を代表する山岳地帯だが、山々のなすイメージはまったくと言っていいほど異なる。「母に抱かれたような南アルプス、厳しい父に導かれるような北アルプス」としばしば表現されるように、南アルプスは高いながらもふっくらとした山容からなり、北アルプスはそれと対照的に山が鋭く屹立(きつりつ)している。

     こうした南北での違いは、どのような地質を反映しているのだろうか。まず南アルプスの主体をなす赤石山地には標高3000メートルを超える峰が13座あり、日本第2の高峰の北岳(標高3193メートル)も含まれる。

    残り1079文字(全文1388文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事